フィコシアニンの効果

最近話題のスピルリナというスーパーフードですが、その中でも代表的なフィコシアニンという成分をみなさんはご存知でしょうか。このフィコシアニンはスピルリナなどの藻類に多く含まれる成分で、主な働きは抗酸化作用があり生活習慣病や癌などの予防にも繋がる効果があります。この他にもフィコシアニンには多くの成分が含まれていますので、今回はこのフィコシアニンについてみなさんにご紹介させていただきます。

フィコシアニンには、前述した通り、抗酸化作用が含まれており、生活習慣病予防以外にもシミやそばかすなどを防ぐ効果もありますので、病気だけではなく美容にも効果的です。美容という観点から言うとフィコシアニンにはデトックス効果も有害物質であるダイオキシンなどを体外へ排出してくれる効果もありますので、優れた成分と言って良いでしょう。
その他にも女性には嬉しいダイエット効果もありますので、フィコシアニンが多く含まれているスピルリナの摂取は万能薬と言っても決して大げさではありません。

ただし、どんな食べ物にも言えることで、フィコシアニンを多く含むスピルリナにも決まって言えることがあります。それは過剰摂取は体にとって決して良いことではなく、かえって逆効果になってしまうこともあります。従って、スピルリナを摂取するのであれば、1日に3~6グラムを目安に摂取することで、今まで説明した効果を十分に発揮できますので、くれぐれも過剰摂取だけは避けるようにして下さい。